更新停止中です

旅をして初めて、「生きる」ことができる 竹沢うるま | 沖縄【前編】

「大地と人の繋がり」を求めて世界中の国々を旅する写真家。生命の輝きを最大限に引き出すリアリティにあふれた写真の数々は、私たちを惹き付けてやまない。

■竹沢 うるま (たけざわ うるま)
1977年生まれ 男性
職業:写真家
初一人旅時期: 1995年 当時18歳
行き先: 沖縄県 伊江島

2013年1月、103ヶ国 1021日に及ぶ世界一周の旅を終えた写真家 竹沢うるまさん。そして2013年8月、その旅で撮影された35万点の写真から280点を厳選した、渾身の写真集「Walkabout」が発売されました。「Walkabout」に込めたメッセージ、旅の原点となった沖縄県 伊江島(いえじま)の経験、そして3年間の旅を経て見つけた“自分の場所”。表現者ならではの世界の見方を語ってくれました。

旅と写真の原点、伊江島

019_4

-まずは、写真集「Walkabout」の出版、おめでとうございます。

ありがとうございます。2年と10ヶ月半の世界一周の旅を、写真集にまとめています。

-今回の写真集もそうですが、やはり写真家というお仕事柄、海外にはよく行かれているんですか?

21歳で写真の仕事を始めてからしばらくは、年に10~15回は海外に行っていましたね。ダイビング専門誌のカメラマンをやっていたので、ほとんど仕事ですが。

-では、海外取材をきっかけに旅に目覚めたのでしょうか?

旅の原点は、また別なんです。海外ではないのですが……18歳のときにダイビングサークルの旅行で行った、伊江島(いえじま)という離島です。沖縄本島からすぐの小さな島です。

-伊江島、初めて聞きました。“旅の原点”とおっしゃる所以は?

伊江島で初めて、青い海を見たんですよ。そのときにもう、びっくりして。初めて海の中を覗いて、「海の中の世界って全然違うねんなあ」と。「水面」っていう距離にしたら数センチの境界を越えただけで、自分の日常とは全然違う法則で成り立っている世界がある。地上は地上で、自分が知っている世界とは全然違っていて、一気に惹き込まれてしまったんです。

-当時の沖縄はどんなところだったのでしょうか?

18歳のときなので17, 8年前ですね。今はだいぶ移住者も増えたし言葉も通じますけど、当時は標準語が通じるのは那覇だけ。島のおじいやおばあの言葉は全然わからないし、食堂に行くと謎の食べ物が出てくる。テレビも、民放は映らなくてNHKだけ。物価も安くて、タクシーの初乗りが290円、ファストフードのバイトの時給が350円とかの世界。あのときのカルチャーショックは大きかったですね。

“自分自身の場所”を探して

019_5

-海外旅行並みの衝撃だったんですね。

はい。伊江島をきっかけに、毎年一人で沖縄に行くようになりました。マスクとシュノーケルとテントと、あとは食糧とカメラを持って、1~2ヶ月沖縄で過ごすんです。真夏の暑い中にテント張って、お金がないからパンだけ食べて。それから海で泳いで写真撮って。それが旅の始まりでしたね。写真を撮り始めたのも、沖縄で見たものや感じたことを忘れてしまうのが嫌だったからなんです。

-写真家としての原点でもあるんですね。

間違いないです。旅の原点でもあり、写真の原点でもある。「Walkabout」の最後のページも、伊江島の写真なんですよ。旅の最後に伊江島に向かうときと島から離れるときに、連絡船の上から水面を撮りました。

-その後海外に行き始めたのは、伊江島での体験のように、「未知なものにもっと出会いたい」という欲求からですか?

「どこかに行きたい」という願望は、伊江島に行く前からずっとありました。それで初めて伊江島に行ったとき、その無意識の願望が表に出てきちゃったんです。だから、まずはそれを消化するために何回も沖縄に行っていたんでしょうね。そうしないと我慢しきれなかったんだと思います。

-それが高じて、今に繋がっているのですね。

ひとつの驚きが伊江島から始まって、また違う島に行けば違う驚きがあって、そうやって沖縄全部を回っていったわけですよ。沖縄を一通り回ったら、今度はまた違う世界を見たくなる。当時は、世界のどこかに自分自身の場所というか、出会うべき場所があるんじゃないかと思っていました。小さい頃からずっと“自分が今いる場所”に違和感を持ち続けていて、いつもどこかに自分の居場所を探していました。

写真家としての転機、そして世界一周へ

019_6

-世界一周の旅に出たのは2010年とのことですが、長い旅に出ようと思った直接のきっかけは何ですか?

当時31歳で、21歳で写真の仕事を始めてからちょうど10年。そのときに「Tio’s Island」という写真集を出したんですが、それが写真家としての一つの区切りでした。

写真集は、手に取る人にとっては始まりですけど、出すほうからしたら終わりなんです。写真集を出すとか写真展を開くのは、自分自身の区切りをつけて次に向かうための一種の儀式のようなものです。

-自分の生き方を見つめ直す時期だったんですね。

自分の世界観に、限界を感じてもいました。10年間ずっと写真だけで食べてきて、写真家としての実績もその後の見通しもある程度はありました。でも僕は、死ぬまで写真以外の仕事はしたくなかった。一生写真の仕事で生きていきたかった。そういう視点で考えたら、今の自分の世界観で50歳、60歳までやっていくのは難しいと感じました。もっと世界を広げないといけないと思い、一回区切りを付けて世界を見てみることにしたんです。

-世界の色々なものや場所を見ることによって、写真表現も変わってくるんですか?

写真は、自分自身の世界の現れでしかありません。だから自分の写真を変えるには、自分の内面を変えるしかない。撮り方の技術とか方法を学ぶんじゃなくて、まずは自分自身の世界を広げて深くする。そうすると、生まれてくる写真が変わる。

さっきも言ったように、「どこかに自分の場所があるかもしれない」という意識はそのときも抱えていました。それも、旅に出た理由の一つではありますね。

-当初から3年間の旅をする予定で日本を発ったんですか?

初めは、南米だけを半年で回る予定でした。でも、周りに「なんで南米だけなの?」と言われて、うーんそうですよね……と迷い始めて。最終的に1年半で世界一周しようと決めて日本を出たんですが、1年経った時点で南米しか回れていなかった。あと半年でアフリカとユーラシア全部回るのは無理だなと思い、延長。そこからアフリカへ行って、中東まで回った時点で丸2年経っていました。

-延びに延びてしまったんですね。

途中から、もうこれは3年コースだな、と開き直りました。結局2年10ヶ月かかっちゃいました。

心の水面が動く瞬間を求めて

019_7

-ただの旅ではなく「世界の写真を撮る」という目的が第一にあったと思いますが、どんなものを求めて旅をしていたんですか?

「これを撮ろう」っていう明確な目的があったわけではないんです。そういうのはあまり考えない。ちょっとスピリチュアルな話になりますけど、心の状態を普段から凪(な)いだ水面のようにしておきたいと思っていて。その心の水面が反応するところを求めて旅をしていた……という感じでしょうか。

-それはどういうことですか?

凪いだ水面というのは、風が吹くとさざ波が生まれるわけですよね。羽が落ちると波紋が生まれるわけですよね。冷たくなれば凍るし、暑くなれば蒸発します。

外界に接したときに、さざ波であれうねりであれ、その心の水面に生まれる形こそが、写真に捉えるべき世界なんです。自分の凪いだ水面とシャッターを押す頭の回路を直結させて、水面が動いた瞬間を、脳みそを通さないで写真に収める。意図的にというよりは、自然にそういう瞬間を求めて旅をしていました。

-そういう意味では、どこに行っても良いということですか?

そうとも言えますが、「あそこに行けばきっと、自分の心の形を大きく変化させるものがあるだろう」という感覚はあるんですよ。

-直感に従うんですね。

はい。それで、辿り着いた先では心を凪いだ水面にする。心の波長をそこに会わせることで、風景に入り込む。自分が異物としてそこに存在するのではなく、世界の一部としてそこに溶け込む。そういう方法を旅の中で習得していきました。

-その土地に溶け込むというのは、写真を撮るスキルというよりも、旅のスキルですね。

異物として存在していると、その場所から跳ね出されてしまいます。無理して入ろうとしても絶対に入れません。心の状態をフラットにしておくことで、どんな状況であれ、その世界の一部として存在することができるんです。

-「自分を世界に合わせる」でなく、自分自身が無色透明になるんですね。

旅の本質は、出会いの連続性です。世界は途切れないんですよ。旅をしていると常に出会いがあって、出会いの先にまた新しい世界が広がっている。先に進むとまた出会いがあって、その先に世界がある。それは本当にどこにいっても途切れない。どんどん世界は変わっていくけど、その度に自分を変えていたら体が持ちません。合わせようと思ってはダメなんです。

-なかなかテクニックが必要そう……。

世界は変わっていく。多様性に満ちている。限りなく広い。まずはその認識を持つことです。自分を合わせていくことは不可能だと知ること。そうすれば、どこに行っても自分は自分自身でいられます。

 

※後編は8月18日(月)に公開予定です。

 

019_info

竹沢 うるま Uruma Takezawa

ルート: 沖縄県 伊江島
期間: 1ヶ月
費用: -
航空会社: -

 

 

参照元:Travelers Box

TRIP