更新停止中です

4000人が働く?! 世界で最も大きな図書館トップ3

日本で最大の図書館は、東京都にある「国立国会図書館」だ。蔵書数は約2500万冊を誇る。行ったことのある人はその大きさに驚いただろうし、行ったことのない人でも「蔵書数が約2500万冊」と聞いたら、その大きさに驚愕するのではないだろうか。ちなみに東京大学の蔵書数は約123万冊(※1)である。

しかし、世界には国立国会図書館を軽く抜かす、規模の大きな図書館が数多くある。ということで、今回は世界で最も規模の大きな図書館をWikipediaのランキングを参考に、上位3つに絞って紹介させていただく。

※1 Wikipedia「東京大学

3位 ニューヨーク公共図書館

ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)とは、3つの中央図書館、市内各所にある80以上の地域分館、研究目的のための4つのリサーチ・ライブラリーからなるが、その中のニューヨーク市にある「本館」は世界でも大きな規模を有する。

冊数はなんと5300万冊を誇っている。ちなみに、日本で一番規模の大きな図書館である「国立国会図書館」は約2500万冊(※1)である。

公共(public)図書館という名前だが、設立者は法人であり、民間からの寄付によって運営されているため、ニューヨーク市が作ったものではない。だが、原則として無料で利用でき、ニューヨーク市に在住あるいは勤務していれば会員になることもできる。

※1 Wikipedia 「国立国会図書館」より

55266260_367f839653_b
via : Erik Høy

161679558_be8ed8c3da_o
via : Taku

6137078887_4cf2a13f4a_b
via : daniela aponte

8214252209_bd4173373b_k
via : Sherry Xie

住所:5th Ave at 42nd St New York, NY 10018, United States

行き方:ジョン・F・ケネディ国際空港から車で約40分

2位 大英図書館

イギリスの国立図書館である「大英図書館(British Library)」。「英国図書館」と呼ばれることもあるこの図書館は、イギリスの法定納本図書館のひとつであり、納本制度に基づいてイギリス国内で流通する出版物は、出版の1ヶ月以内に出版者により1部が収められることが義務付けられている。

イギリスで流通されたすべての出版物が納められている法定納本図書館のひとつで、冊数は1億5000万冊を誇る。

417962327_45425845bc_b
via : Akin Akintayo

263754976_3c5c89a900_b
via : Phil Shaw

486267043_afed370a3f_b
via : Steve Cadman

6927197020_d4e3205608_k
via : Graeme Wilmot

486261295_b71dd8bdd1_b
via : Steve Cadman

406758690_389679731a_b
via : Mike Castellanos

住所:96, Euston Road, London, NW1 2DB, United Kingdom

行き方:ロンドン・シティ空港から車で約40分

1位 アメリカ議会図書館

アメリカ、ワシントンD.C.にある「アメリカ議会図書館(Library of Congress)」。1800年に建てられ、所有数はなんと1億5800万冊を誇る、世界最大規模の図書館である。財源は議会から支給されており、日本の「国立国会図書館」はこの「アメリカ議会図書館」をモデルとしてつくられている。また、働いている職員の数も約4000人(※2)と、図書館の規模に相応しくたくさんの人が働いている。

1億5800万冊というと、日本で一番規模の大きな図書館である「国立国会図書館」の約2500万冊の約6倍である。世界最大の図書館を、とくとご覧あれ。

※2 Wikipedia「アメリカ議会図書館」

7562153778_0c5bc9ca5a_b
via : The Library of Congress

6309188067_d6925dd752_b
via : USCapitol

8471101762_970d802038_b
via : The Library of Congress

6322480339_f3d3a72cba_b
via : USCapitol

8470008043_c6a934b591_b
via : The Library of Congress

住所:101 Independence Ave SE Washington, DC 20540

行き方:ロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港から車で約10分

 

この図書館で、生まれてから死ぬまで本を読み続けても、読破できないのでしょうね…。

参照元:Wikipedia / Flickr

TRIP