更新停止中です

世界が終わる前に訪れたい。地球を体感できる絶景スポットBEST3

地球には寿命がある。そもそも惑星も寿命があるので、避けることができないことなのだが戦争や環境破壊によって早まる可能性もあるのだ。いつか見ることができなくなる自然が、そこにはある。

でも、世界が終わる前に訪れたい、そんな美しい場所をシェアさせていただく。

1. トンガリロ国立公園(ニュージーランド)

ニュージーランドの北島で山岳地帯を保護しているトンガリロ国立公園。この公園は最高峰ルアペフ山富士山に似た稜線を持つナウルホエ山エメラルド色に輝く火山湖のトンガリロ山がある。

この3つの山はマオリ族の聖地であり信仰対象ということが考慮され、文化と自然の複合遺産として世界遺産に登録された。ちなみに「トンガリ」はマリオ族の言葉で「冷たい南からの風」を意味している。

そして、あまりの自然美に映画『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影地にも選ばれた場所なのだ。極彩色に彩られた火山湖、珊瑚礁のように美しい草木、雪解けの山々、全てが自然が造り出した絶勝となっている。

7373274492_890746e8ee_k
Via John and Jean Strother

4605690649_fd368a5a39_o
Via WanderingtheWorld

4453456730_7333e0171f_b
Via Masivaan

2840297703_f811401f80_b
Via Carlos López Molina

490530676_6f4029a975_o
Via electro8

記事:あまりの美しさに『ロード・オブ・ザ・リング』の撮影地にも選ばれた トンガリロ国立公園 | 世界遺産

住所:Manawatu-Wanganui 4691

行き方:オークランド国際空港から車で4時間半

2. アイスランド

日本と同じ島国なので火山活動が活発なアイスランド。その影響で噴火による被害が度々ある国ではあるが、世界一の広さを誇る温泉「ブルーラグーン」をはじめとした温泉が各地に点在しており、憩いのスポットが多い。

そして「人間が生活できる場所」オーロラを鑑賞することができるのだ。アイスランドでオーロラを見ることができる時期は、8月下旬から4月中旬とされている。

星空のカーテンが風になびいているかのような幻想的な光景に、きっと時間を忘れてしまうだろう。

6875540162_fd83ea1620_o
Via Gunnar Viðarsson

7290450158_3e8310bfc2_o
Via Vicki Mar

10017474965_8a73552cb0_o
Via Moyan Brenn

10152330346_a585064724_o
Via Moyan Brenn

13689743585_50ca2a3486_o
Via Moyan Brenn

場所:アイスランド

行き方:日本の国際線からコペンハーゲン経由でレイキャビックへ約15時間(※1)

※1 「iceland trip

3. ウユニ塩原(ボリビア)

ボリビア中央西部アルティプラーノにあるウユニ塩原は、「ウユニ塩湖」の名称で有名で、湖ではなく塩の大地となっている。

この塩原は、高低差は50cmしかないことが調査により判明しており「世界でもっとも平らな場所」とも言われているのだ。

水分の殆どが塩分のため、7月から10月ころの乾季は塩の結晶がむき出しになり、雨季は「天空の鏡」と呼ばれる巨大な鏡が出現する。この鏡は、雨が降った次の日が晴れた場合のみ見ることができる瞬間なのだ。

42-jpeg

21-jpg

18-jpg

6-jpg

uyu28-jpg

29-jpg

記事:【写真43枚】【実は世界遺産じゃない】雨季のみ鏡張りの世界が出現するボリビアの絶景 ウユニ塩湖 | 世界遺産

場所:ウユニ塩原(ボリビア)

行き方:ウユニ町から車で約1時間

 

世界が終わる前に、自分が死んでしまう前に、見に行きたい。

参照元:FlickerBOOMS Beat / Wikipedia(トンガリロ国立公園 / アイスランド / ウユニ

TRIP