更新停止中です

メキシコのナイカ鉱山にある クリスタルの洞窟 が巨大結晶の地下帝国だった

メキシコのチワワ州にあるナイカ鉱山(通称:クリスタル洞窟)は、地下約300mにある巨大な洞窟だ。胴内は、石膏の水和結晶である透明石膏(セレナイト)の巨大結晶で埋め尽くされており、最も大きい結晶は長さ11m、直径4m、重さ55tという、人類が発見した結晶の中でも最大級を誇っている。

この洞窟は、2000年4月にサンチェス兄弟により、新たなトンネルを切削していた際に発見されたものだ。しかし、発見後すぐに結晶の保存と盗難を防ぐため、トンネルを埋め戻し、管理会社は鉄製のドアを設置し、洞窟の保護を図る現在、洞窟はペニョーレス社の管理下にあるため、許可無く立ち入ることはできない。

洞窟の大きさは、長さ27m、幅9mほどなのだが、洞内の気温は約58℃、湿度は約90〜100%を保っている。適切な装備の無い人間が洞窟に進入した場合、約10分しか滞在できないのだとか。また、これほど巨大な結晶が育ったのは、マグマが地下水を加熱したことにより、さまざまな科学反応の影響で、鉱物質に富んだ熱水で空洞が満たされたまま約50万年が経過したからだそうだ。

クリスタルの洞窟と呼ばれるナイカ鉱山

6864815908_5be866cebd_o
via arjuna_zbycho

6874188836_981178076f_o
via arjuna_zbycho

6862014428_bfb4ae0519_o
via arjuna_zbycho

6874306278_6e17ede12c_o
via arjuna_zbycho

7008090595_9c99d9a679_o
via arjuna_zbycho

7010927533_b8468f4286_o
via arjuna_zbycho

7020408161_0bb40cb1db_o
via arjuna_zbycho

11825532294_c6ca53a966_o
via Paul Williams

11825169864_d2fbc51b9f_o
via Paul Williams

11824803765_b56ba7f2e9_o
via Paul Williams

関連動画

6:30〜結晶が登場します。

参照元:Flickr / Wikipedia

TRIP