更新停止中です

「神々の都市」の意味を持つメキシコの古代都市 テオティワカン 遺跡| 世界遺産

メキシコの首都であるメキシコシティから約50kmほど離れた場所にあるテオティワカン(意味:神々の都市)は、かつて存在したテオティワカン文明の中心となった巨大な宗教都市遺跡で、1987年世界遺産に登録されました。

この都市に暮らしていたテオティワカンの人々は、高度な文明の元で生活をしており、太陽と宇宙の存在を非常に重視しています。そのため、太陽のピラミッド、月のピラミッド、南北5kmにわたる死者大通りなどが存在し、同時期にはマヤ文明が登場しています。

また、敵から都市を守る城壁などが発見されておらず、比較的平和な生活をしていたのではないかとも言われています。ですが、生贄などを捧げる習慣もあったようで、一部の壁画には戦士も描かれているようです。

しかし、これほどの発展を遂げたにもかかわらず、人口増加の影響で下水道の設備の問題や、作物を育てる雨が降らない日が続いたことにより、次第に治安の悪くなっていったテオティワカンはやがて廃墟と化していきました。

古代都市テオティワカン

11457357225_a645c82511_o
via Flo Sto

11766368703_cffc802e26_o
via farflungistan

14011594575_ece0c88fda_o
via ruimc77

446857665_a025059b66_o
via Joel Bedford

43815841_41aabaf0e8_o
via Inti

301683841_94c813b55b_o
via Xavier Donat

10971892913_09ff713d1a_o
via Daniel Wood

12157481073_ba7cb7b421_o
via Angélica Portales

2866455801_83e4157457_o
via ~ Aoi

101937355_3713820cae_o
via Only Charlie

12699253223_9c231328bc_o
via Joe Swallia

12698969033_4d01884ffd_o
via Joe Swallia

Ocoyoacac
via Omar Valdez

4784886461_ec6f4420dc_o
via ·júbilo·haku·

14153993212_3a60c58e9e_o
via Jay Galvin

参照元:Flickr / Drift / Wikipedia( テオティワカン / マヤ文明

TRIP