更新停止中です

砂漠に埋もれたナミビアのゴーストタウン「 コールマンスコップ 」

アフリカ南西部に位置する共和制国家ナミビアには、退廃的で美しいゴーストタウンがあります。かつてのコールマンスコップ(英語:Kolmannskuppe / アフリカーンス語:Kolmanskop)は、小さな炭抗町でした。

1908年にダイヤモンドが発見されてからは、ナミビア砂漠で働く人々の憩いの場所だったのです。しかし、第二次世界大戦後にダイヤモンドの価格が暴落したことにより衰退していきました。

この場所はドイツ領南西アフリカの一部であったため、洋風の建築物が多数あります。そのため、砂漠と洋館が組み合わさった不思議な景観を見ることができるのです。

ナミビアのゴーストタウン「コールマンスコップ」

11321572785_74b1605815_o
via Mary af Rövarhamn

189491036_c8aec8e040_o
via Damien du Toit

Kolmanskop
via Martin Heigan

10326351964_3a2b1e183d_o
via Gunther Wegner

10858473606_d0768ffea3_o
via Monique van der Hoeven

189492679_d29846c7a4_o
via Damien du Toit

8273524685_36d32fd684_o
via Otto

13999443116_981dd3fdcd_o
via Marie.L.Manzor

5121459896_d8f3f0cf78_o
via Bryan

関連動画

Ghosttown Kolmanskop – Geisterstadt Kolmannskuppe in Namibia from Johannes Klaus on Vimeo.

画像引用元:Flickr 情報参照元:Wikipedia

TRIP