更新停止中です

東京ディズニーシーのモデルとなったイタリアのチンクエ・テッレ| 世界遺産

「断崖絶壁にある村」と聞くと、交通の不便さゆえに必要最低限のものしかなく、青々とした草木の中に歴史を感じる家々が並ぶ…という景色を想像しないでしょうか?

しかし、イタリアのリグーリア海岸にある5つの村を指す「チンクエ・テッレ」は、断崖絶壁にあるにも関わらず、カラフルで美しい家々が並び、目の前には透き通った青い海が広がっています。

「チンクエ・テッレ」は11世紀ころに要塞都市として建造されました。人が住むには適さない地で、地元の人々は知恵を絞ってブドウを栽培し、そこからワインをつくったのです。現在はそのワインが名産品となり、ヨーロッパで多くの人に親しまれています。

また、この美しい町並みは東京ディズニーシー内にあるテーマポート、メディテレーニアンハーバーのモデルの1つとされています。

 東京ディズニーシーのモデルの1つ「チンクエ・テッレ」

14014515225_4dfcbec1b3_o
via Laiwan Ng

3443563010_1dcc9f99a8_o
via Brian Stacey

4747725560_34fccc7c5e_o
via Jason OX4

3928536397_2cb4aa338d_o
via PjotrP

Riomaggiore, Cinque Terre
via Daniel Stockman

7495991472_cee10ba002_o
via kelvin Lynch

画像引用元:Flickr 情報参照元:Wikipedia( チンクエ・テッレ / メディテレーニアンハーバー

TRIP