更新停止中です

2000年以上経過しても残る色彩美。トラキア人の墳墓| 世界遺産

ブルガリアの中央部に位置するカザンラック北東のトュベルト公園内には、1979年に世界遺産に登録された「カザンラクのトラキア人の墳墓」があります。

この墳墓は、第二次世界大戦中に防空壕を掘っていた兵士が偶然発見しました。紀元前4世紀頃に作られたとされており、内部にある「弔いの宴」は当時この地にいたトラキア人の死生観を読み取ることができます。

トラキア人の墳墓の「壁画」

SAMSUNG CSC
via KLMircea

トラキア人にとって死は「来世への扉」のような存在でした。そのため「新しい旅立ちの場」として墳墓は作られ、壁画には埋葬の儀式と文化が描かれました。

 

SAMSUNG CSC
via KLMircea

壁画は保存状態も良く、2000年以上が経過した現在でも美しい色彩美を残しています。

 

SAMSUNG CSC
via KLMircea

SAMSUNG CSC
via KLMircea

SAMSUNG CSC
via KLMircea

1024px-Reproduction_of_Thracian_tomb_1
via Wikipedia

 

画像引用元:Flickr 情報参照元:Wikipedia( カザンラクのトラキア人の墳墓 ) / コトバンク

TRIP