更新停止中です

まるで火星にいる気分。湖の姿はどこにもないウィランドラ湖群地域| 世界遺産

世界の果てと言われて、荒れ果てた殺風景な光景を想像する人は多いと思います。イメージとしては火星のような緑や水がない世界が当てはまるのではないでしょうか?

オーストラリア南部にあるウィランドラ湖群地域は、まさに火星のような景色です。かつて文明があった土地に人の面影はなく、現在はわずかな植物が生えるだけの乾燥地帯になっています。

また、消滅した文化的証拠、独特な地形が認められ、1981年に世界遺産に登録されました。

では、ウィランドラ湖群地域は一体どのような場所なのでしょうか?

 まるで火星にいる気分「ウィランドラ湖群地域」

地球とは思えないような光景

1202026575_126d8f2627_z
via dave

ウィランドラ湖群地域は、24万ヘクタールの広さを誇る巨大な乾燥地帯です。

1127302120_6a1eaa2d23_z
via dave

2319598015_5f0dc6408a_z
via ccdoh1

約2万年前までは、いくつもの湖が存在しましたが全て干上がってしまいました。

2343979131_0d6f18e44e_z
via Jonathon Colman

2342508965_61fe34827b_z
via Jonathon Colman

動物の骨

2343976355_197b65d3f9_z
via Jonathon Colman

かつてこの地には、オーストラリア先住民のアボリジニが生活をしていました。

一部だけ、緑もあります。

9321013436_04b0296b1f_z
via sunphlo

現在、自然豊かで湖に水が満ちていた暮らしはなく、このような植物が土地に生えているだけの場所です。

1067463158_352e8a10e8_z
via dave

1066591657_170d5f4b55_z
via dave

夕方、空は金色に染まる。

2342457207_d1e92eaf72_z
via Jonathon Colman

人々が火星に住めるようになったら、似たような光景を見ることになるのでしょうか?

 

画像引用元:Flickr 情報参照元:世界遺産ライブラリー / Wikipedia

TRIP