更新停止中です

鳥取サンドミュージアムのプロジェクションマッピングに見惚れる 

長い年月をかけて形成された自然の産物「鳥取砂丘」は、鳥取県の人気スポットの1つです。その砂丘の砂を使って作られた「砂像」を展示する砂の美術館は、2006年にオープンしました。

しかし、永遠に形を保つことができない砂は、展示が終われば鳥取砂丘に戻されます。また、美しも儚げな砂像は12月13日〜12月25日の間、プロジェクションマッピングが投影される予定です。

砂の美しさに加えて、光と音が作り出す世界はファンタージな空間を演出しますよ。

鳥取サンドミュージアム

4186589459_17e2f64dcc_z
via Simon Desmarais

4186589271_87a72728f9_z
via Simon Desmarais

4187351752_8a66381146_z
via Simon Desmarais

10415179376_e27d8d8638_z
via かがみ~

10415214865_e22d7144c1_z
via かがみ~

4186589647_b98c16f042_z
via Simon Desmarais

4187350884_c79cd5f1e6_z
via Simon Desmarais
プロジェクションマッピングが取り入れられています。

プロジェクションマッピングの動画

2013年冬のプロジェクションマッピング

 

2014年の冬は少女をテーマにしたプロジェクションマッピングが!?

今年のクリスマスは砂の美術館を訪れてみてはいかがでしょうか?

 

画像引用元:Flickr 情報参照元:砂の美術館公式サイト

TRIP