更新停止中です

ニュージーランドが生んだ美しいフィヨルド。 テ・ワヒポウナム のミルフォード・サウンド | 世界遺産

ニュージーランド南西部地域のテ・ワヒポウナムはマオリ語でグリーンストーン(翡翠)の産地を意味している。また、1990年には「テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド」として世界遺産にも登録されている。

世界遺産の登録内容は、フィヨルドランド国立公園、アオラキ/マウント・クック国立公園、ウエストランド国立公園、マウント・アスパイアリング国立公園と、それらの周辺地域だ。

特に注目したいのが上記でも名前を挙げたフィヨルドランド国立公園内にあるミルフォード・サウンド(別名:ピオピオタヒ)。フィヨルドなのだが、雨が降ると数千ほどの滝が出来るとも言われる美しい場所だ。

晴天時に見ることができるボーウェン滝とスターリング滝という、氷河の雪解け水が作り出す滝があるのだが、2040年ころには完全に見ることができなくなるのではないか、と危惧されている。

9/18追記:TRIP HUNTER読者の方からご指摘を頂き、記事の内容を修正いたしました。誠に申し訳ございませんでした。

フィヨルドランド国立公園のミルフォード・サウンド

ミルフォード・サウンド

ボーウェン滝
13353050214_fece09d15f_o
via Chris Firth

スターリング滝
5385603020_74772700c1_o
via jtdytravels

スターリング滝
5385587320_9d1da8e443_o
via jtdytravels

9501487793_8d416a4a5a_o
via Ibai

Milford Sound @ Dusk
via Steve Arnold

10939296543_1dff93efb9_o
via Vicki Mar

11699798146_c34c098bb2_o
via Vicki Mar

5153068554_8e165e6cee_o
via Tan Yilmaz

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
via paul bica

6466503705_2667f763f7_o
via CoolBieRe ™

参照元:Flicker / Wikipedia( テ・ワヒポウナム-南西ニュージーランド / ミルフォード・サウンド / フィヨルド )

TRIP