更新停止中です

頭の中に世界地図を描き、世界を舞台に生きる 太田英基 | アメリカ【後編】

海外で働くノウハウをまとめた著書「日本がヤバいではなく、世界が面白いから僕らは動く」の出版、 フィリピン留学のための学校選びサポートサイト「School With」の立ち上げなど、グローバル社会の最先端を行く時代の寵児。 そのエネルギッシュな生き方に、誰もが引き込まれる。

■太田英基(おおた ひでき)
1985年生まれ 男性
職業:(株)スクールウィズ代表
初一人旅時期: 2010年9月 当時25歳
行き先: アメリカ(西回り世界一周)

「若者のグローバル志向の底上げ」をミッションに、世界で働く日本人にインタビューをしながらの世界一周プロジェクト“SAMURAI BACKPACKER PROJECT” を立ち上げた太田英基さん。カウチサーフィン(旅人を家に泊めたい人⇔旅先で現地の人の家に泊まりたい旅人 のマッチングサービス)やSNSを駆使して様々な人と出会い、世界のリアルを肌で感じる旅。 その中で身につけた、世界を舞台にする21世紀流の生き方とは?

前編はこちら:頭の中に世界地図を描き、世界を舞台に生きる 太田英基 / アメリカ【前編】

“旅ならでは”の話を、世界中の人と

016_7

-日本人に限らずかもしれないですが、やっぱり旅をしていても、行く先々で同じ国の人で固まってしまう傾向はありますよね。

そうですね……。日本人の場合だと、100人中70人くらいは日本人宿を中心に旅をしてるんじゃないですかね。旅に何を求めるのは人それぞれですが、やっぱりそれはちょっともったいないなと思うこともあります。

-確かに……私も、旅先で日本人に出会うと、嬉しくてつい一緒に行動しがちです。

旅先で出会う人って、お互い何のバックグラウンドも知らないですよね。「ヒデキです」で自己紹介は完了。でも、そういう相手だからこそできる話ってたくさんあると思うんです。

-旅を通じて出会った人とは、すごく深い話をしたりしますよね。人生観とか。

そうですね、異空間での共通体験を持つことで、相手の懐に飛び込む敷居が下がる感じがあります。お互い利害関係がない中で出会うし、距離感もちょうどいいですよね。同じ日本人でもそうですし、それが他国の人となるともっと面白い。

-それこそ70億通りの価値観に出会えるわけですね。

何に重きを置くかで、旅の仕方は違うと思います。僕は景色や自然に感動するよりも、人の生き様に感動するタイプで、さらに言うとそこから得られる刺激、発見が一番好きなんですよね。

インドで、すごい人に出会ったんですよ。3歳くらいのときに両親が亡くなりストリートチルドレンになって、7歳で養子にもらわれたものの、父親に愛されず不遇な子ども時代を過ごした。それから15歳で両親が離婚した後は、アラブ人に面倒を見てもらって何とか大人になったそうです。今は会社を4つ経営していて、これ以上自分のような人間を出さない世界を作りたいと話してくれました。

-それは壮絶……。

そんな人の前では、自分が何を言ったところで敵わないですよね。そういう、自分の理解の範疇を超えた経験を持つ人が、世界にはごろごろいる。

-こんな生き方があるんだ、という気づきがたくさんあるんですね。

そういう壮絶な人生体験だけではなくて、人生の楽しみ方とかでも、学ぶところはたくさんあります。残業をほとんどしないでバケーションも長めに取る、ヨーロピアンのワークライフバランスとか。そういう多彩な生き方を知る旅をしたいのなら、自分からどんどん出会いを求めに行くほうが断然面白いです。

日本に恩返ししてから、国際社会に貢献したい

016_8

-太田さんは今28歳ですよね。旅をして、「30歳になる前にグローバルに活躍できる人間になる」という目標に近づきましたか?

確実に近づいたと思います。行く前は、頭の中の世界地図って白紙だったんですよ。実際に世界を周ってみて、明確なイメージができました。例えばニュースで国名を聞いたら、「あの国ね」とイメージが頭に浮かんでくる。あとは、やっぱり旅を通して英語が話せるようになったことが大きいです。

-具体的に、旅に出る前と一番変わったなと思うことは何ですか?

物理的なところでいうと……体重が増えました(笑)これはまぁ冗談ですが、「世界の当たり前はない」ことに気づいた。その国、その人にとっての当たり前があるから、“平均点”は無駄だなと思うようになりました。あとは、定番ですが、日本のことを好きになりましたね。愛国心がある、とはっきり答えられるようになった。

-外に出たからこそ、日本の良さが見えてくるんですね。

旅に出る前は、「自分は日本人である前に地球人だ!」と思っていたんですけど、まずはやっぱり日本に恩返しをしないとな、と思うようになりました。今まで日本人として食べさせてもらってきた分の恩返しをして、それから国際社会に貢献したいですね。

-旅をして新たに気づいた日本の側面って、例えばどういうところですか?

僕は日本に帰って来てから、日本の良いところを見るくせがついたというか、他の人が日本についてあーだこーだ言うことを意識的にポジティブに捉えるようになりました。例えば、東京の電車は、みんな死んだように寝ていて活気がないと言われていますよね。でも、メキシコだと、そもそもうるさくて寝られないし、寝たら財布をスラれる危険もある。そう思うと、電車で安心して寝られる日本の治安の良さはやっぱりすごい。

-時間通りにちゃんと電車が来るのも、すごいことですよね(笑)

そう。日本に限った話ではないですが、海外を美化しちゃうところってあると思うんですよ。みんなが憧れるパリとか、確かに街並みはきれいだし歴史も奥深いけれど、治安はあまり良くないと感じました。日本の良いところ、改めて見ると本当にたくさんありますよ。

-一般的に日本の悪いところと言われる部分について、どう思いますか?個人的には、レールを外れた人に厳しいというか、失敗を許さない風潮があるなと思うのですが。それが自殺の増加に繋がったり。

それって、日本が良くも悪くも横並び社会であることから起こる話だと思うんです。1億人が等しく平等な機会を掴めるからこそ、出る杭に厳しくなってしまう。他人と比較されやすいというデメリットもありますが、格差が少ないことの現れとポジティブに捉えることもできます。

-他の国ではそうはいかないと。

例えば、アメリカ。裕福な人はとことん裕福ですが、貧しい人はそこからなかなか抜け出せない。人種も多様だしそれぞれがユニークすぎて、そもそも誰かのことを気にしてる場合じゃないんですよね。

-自分の国をもっと肯定的に捉えるというのも、これからの時代必要なんですね。

そうですね。もちろん、良さは良さとして認識した上で、解決しなきゃいけない課題もたくさんあると思うんですけどね。

21世紀流、「世界を舞台にする生き方」

016_9

-長い旅を終えて、これからやりたいことは何ですか?

長期的な話で言うと、自由に生きていきたいですね。自由=自分のやりたいことをやり続ける瞬間の連続だと思うんです。「自由」と「暇」は全然違って、何も考えずにぼけっと過ごす時間は暇。寝る暇がなくても、好きなことをやれて自分が楽しめていたらそれは自由だと思います。

-自分のやりたいことを自分でわかっていて、それを行動に移せていることが大事なんですね。

それから、さっきの話とも繋がりますが、やっぱり日本に貢献したい。今までは「これからの世の中にどうやって自分が貢献できるか?」をただ考えていましたが、それに加えて、「自分の子どもや孫の世代にとっても意味があるものか?」を重視するようになりました。これから自分がやること一つ一つに、それを問いかけていきたいです。

-具体的にはどういうことですか?

これからの時代、日本人はもっと世界を舞台に動くべきだと思っています。今は、「グローバル化」という言葉をネガティブに捉える風潮がある。「グローバル人材にならなくては」というような、“まずい、やらなきゃ”という義務感ですね。それで人は動かない。

-確かに、「グローバル人材にならないと世の中から取り残される」というような強迫観念のようなものがあるかもしれません。

まずは、「面白そう」「自分もその流れに乗ってみたい」とポジティブに捉える雰囲気を作ることからです。頭の中に世界地図を描いて、例えば農業をやってみたいと思ったときに、北海道でやるか?鹿児島でやるか?よりも、「アメリカかオーストラリアかな」とか。自分の可能性を最大化する方法を自分で見つけられることが大事です。僕は、そういう空気を作る手助けをしていきたい。その辺りは、先日出版した「日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。」(*1)で詳しく語っています。

-最大のハードルである「英語」は、どうやって乗り越えていくのが良いでしょうか。

具体的なところだと、低価格で英語を学べるフィリピン留学を広めていきたいと思っています。先日立ち上げたフィリピン語学学校の口コミサイト「School With」(*2)は、その思いを形にしたサービスで、このサイトの運営にはこれから力を注いでいきたいですね。

-どんどん思いを形にしているんですね。最後に、「世界を旅してみたいけれどなかなか一歩を踏み出せない」という人に対して、何か一言お願いします。

これからは、世界を舞台にするほうが断然楽しめる時代です。世界旅行はその下見みたいなものだから、絶対に早めに行っておいたほうが良い。今は江戸時代じゃないですよ、自由に海外に行ける時代です。せっかくそういう時代に生まれたのになぜ行かない!と。いつ行くの?今でしょ!

-力強いお言葉、励みになりました!今日はありがとうございました。

(インタビュアー:鼈宮谷)

“世界を舞台に生きたい”人はぜひ参考に!
(*1)「日本がヤバイではなく、世界がオモシロイから僕らは動く。」太田英基 著/いろは出版
(*2)フィリピン語学学校の口コミサイト「School With

 

太田 英基 Hideki Ohta

016_info

ルート: 西回り世界一周
(北米→中南米→アフリカ→ヨーロッパ→中東→アジア)
期間: 1年10ヶ月
費用: -
航空会社: -

 

転載元:TRAVELERS BOX

TRIP